浮気によって発生する慰謝料の話

結論から述べますと、相手の職種や離婚するかどうかなどによって上下するものの、近年の統計結果として1名から100万円〜200万円を慰謝料として取れるのが一般的です。では浮気・不倫トラブルによる慰謝料の金額の詳しい決め方を見ていきましょう!

慰謝料が高額になる場合のポイントを説明しますね!

  • 浮気・不倫相手の認識・意図
  • 不貞行為の具体的な内容と回数
  • 不貞行為による妊娠・出産
  • 浮気・不倫の主導者
  • 不貞行為の否認
  • 浮気・不倫相手の約束違反
  • 浮気・不倫相手の社会的地位と資力
  • 浮気・不倫相手への金銭の贈与

主に以上の原因で慰謝料が大きく変わります。結局のところ、被害者側が浮気されたことによって、どれだけのダメージを受けて、浮気がどう悪質なのかにより慰謝料額がぐーんと伸びます。

では慰謝料が下がる場合はどういった場合でしょうか?

先ほどの場合の逆ということがお分かりですね。

次回は浮気相手が特定して、被害者側がしてはいけないことについて説明致します。

慰謝料や証拠集めにも大きく関わってきますのでご覧くださいね!